CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
<< ドゥダメルを聞く | MAIN | 行ってみたい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - | 2010/10/07/ Thursday | - | - | ▲ Page Top ▲ ]
クリスマスの奇跡
 昔TVでやっていた「オーソンウェルズ劇場」の中で興味深い話がありました。

クリスマスイブも近づく寒い日にあるホームレスの男が街中で人形を拾います。
その人形はかなり使い古していてかわいいわけではなかったのですが、男は人形の持ち主を探して届けます。
親切心などではなく、クリスマスも近いのでお礼のお金ほしさでした。
人形の持ち主はお金持ちの家の少女でした。
少女は喜びましたが、両親はホームレスの男を一目見て早く帰ってほしいと思うのです。

ところが、男は居間に飾ってあった絵に目を留めて、その家の女主人に話し出します。
「あの絵はAという画家の書いた××という作品ではないですか?」
女主人は驚き尋ねます。
「そうですが、あなたは絵に詳しいのですか?」
「いや、Aの作品はサインを見ればわかります。これは・・珍しい・・初期の頃の作品ですね」

その話を聞いた女主人の顔色が変わります。
「あなたは・・・きっと・・・」

そして・・・

男は丁重なもてなしを受け、高級外車で家から送り出されるようになるのです。


オーソンウェルズは作品の解説時にこう結んでいます。
「彼は何者だったのでしょうか?画家だったのでしょうか?ただの美術愛好家だったのでしょうか?
何はともあれ・・メリークリスマス」

メリークリスマス
[ - | 2009/12/24/23:31 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ Page Top ▲ ]
スポンサーサイト
[ - | 2010/10/07/ Thursday | - | - | ▲ Page Top ▲ ]
COMMENTS
POST A COMMENT









TRACKBACK URL for This Entry
http://kordelia.jugem.jp/trackback/101
TRACKBACKS