CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
<< 行ってみたい | MAIN | アンリ クイール >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - | 2010/10/07/ Thursday | - | - | ▲ Page Top ▲ ]
お笑いを語りたい

すっかりブログは放置状態になってしまいましたが、時々長文を書いてみたくなったりします。
ここ最近のお笑い芸人はいわゆる「一発屋」が多く、今ひとつ楽しみな人がいないなあ・・と思っていたのですが、ブームが終わりかけてお笑いにはまっています。

ちなみに私のお勧めは

ナイツ(マセキ芸能) → 寄席で鍛えられた話芸がいいねえ
アンジャッシュ(人力舎) → 日本語にこだわったコントは最近少ない
Wコロン(プロデューサーハウス あ・うん) → ねづっちのなぞかけは神業

です。協力な事務所Yもとは入っていません。

なんといっても大好きなのは 東京03(人力舎) です。

彼らの得意なのは10分以上のロングコントです。
そこには台本の緻密さと演技力が要求されます。
ユーチューブでも見ることができますが、彼らの設定は「日常生活」であり、とっぴなものが出てきません。
会議前に騒ぐサラリーマンであったり、コンパ前に妙に緊張する男がいたり・・
笑いを際立たせるためには、笑わない人間、笑わない時間というものが舞台には必要です。
メリハリみたいなもので、音楽の明るさを際立たせるのには緩慢楽章をしっかり歌わせないといけないのと似ています。
ロングコントの前半3分は普通の芝居をしているのを見ます。
(これは短いコントを要求されるTV業界で彼らには不利なことです)

私自身が注目しているのは、大ボケの角田氏、ツッコミの飯塚氏よりも小ボケの豊本氏です。
彼はあまり目立たないので「飄々としている」とか「いらないのでは」などと評されますが、コントの中でキーを握っていると思います。女性のキャラクターを演じることも多く、(3人の中で1番大きいのになぜ?)普通にかわいい女性役も演じます。だからこそ後半でのギャップがすごく面白く感じられるのです。

エンタも終わってしまうし、普通のバラエティでは彼らの面白さは全く伝わらないと思います。(トークは下手だし)
もっと見たいけれど、くだらないバラエティには出てほしくない・・という複雑な1ファンの思いです。

[ えんた | 2010/01/25/22:58 Monday | comments(0) | trackbacks(0) | ▲ Page Top ▲ ]
スポンサーサイト
[ - | 2010/10/07/ Thursday | - | - | ▲ Page Top ▲ ]
COMMENTS
POST A COMMENT









TRACKBACK URL for This Entry
http://kordelia.jugem.jp/trackback/103
TRACKBACKS